戦争する国づくりストップを!
横須賀に県政の光を
神奈川県議会議員

井坂しんや

いさか 新哉

活動日誌

日本共産党県議団の代表質問

2016年9月14日

昨日9月13日に加藤なを子議員が日本共産党県議団を代表して代表質問を行いました。

質問内容は、①県立津久井やまゆり園での殺傷事件と障がい者福祉について、②河川の災害対策について、③歩車分離式信号機の設置促進について、④リニア中央新幹線建設計画について、⑤米軍基地に関する問題について、でした。

知事の答弁は、あっさりしているというか、素っ気ないというか。

その中で、よかった答弁は、米軍基地に関連した質問で、相模総合補給廠の爆発事故に関連した質問については、1年経過しましたが原因が特定されていないので、引き続き原因究明と再発防止を求めていくとのこと。また、相模総合補給廠の爆発事故は、何が保管されていたのかも知らされていなかったことなどもあり、地位協定に関する課題が浮き彫りになったとも答弁され、地位協定の改定を求めていくというものでした。

それ以外の内容については、また、後日紹介します。