戦争する国づくりストップを!
横須賀に県政の光を
神奈川県議会議員

井坂しんや

いさか 新哉

活動日誌

県内の水道施設を視察

2016年8月2日

8月1日に、寒川浄水場・寒川取水堰と箱根の水道施設を視察してきました。

寒川浄水場のホームページは、http://www.pref.kanagawa.jp/div/3120/

寒川浄水場は、昭和11年に第1浄水場が浄水を開始してから、昭和38年に第2浄水場、昭和46年に第3浄水場が稼働しました。現在、第1浄水場は老朽化のため昭和59年3月に廃止されています。

現在の施設の概要(ホームページに掲載されています)は以下の通りです。

  • 浄水能力:第2浄水場1日当たり210,000立方メートル、第3浄水場1日当たり540,000立方メートル、計1日当たり750,000立方メートル
  • 給水区域:11市4町(平塚市、鎌倉市、藤沢市、小田原市の一部、茅ヶ崎市、逗子市、厚木市、大和市、伊勢原市、海老名市、綾瀬市、葉山町、寒川町、大磯町、二宮町)
  • 給水人口:約126万人(平成25年9月末現在)
  • 1日最大送水量:714,230立方メートル(平成10年7月8日過去最大)

県内では、小雀浄水場、西長沢浄水場に次いで3番目、全国的にも12番目の大きさの浄水場です。
また、取水堰は、神奈川県水道の水だけでなく、横浜や横須賀に送る水の取水もしています。

IMG_2331-1

第3浄水場の様子。

IMG_2325-1

寒川取水堰。