戦争する国づくりストップを!
横須賀に県政の光を
神奈川県議会議員

井坂しんや

いさか 新哉

活動日誌

予算委員会での初めての質問

2016年3月10日

予算議会は、常任委員会の審議や特別委員会などの審議があり、今日から予算委委員会の質疑が始まりました。

共産党の質疑は、3月10、11、15,16日のいずれも午後に15分間あります。
4日間の内、私が10、16日。木佐木議員が11、15日に行います。

初日の今日は、私が質問に立ちました。
9月の予算委員会では木佐木議員が質問をしましたので、私は予算委員会で質問をするのは初めてでした。ちょっと緊張しましたが、それでも何とか持ち時間の15分をオーバーすることなく、無事に終わりました。

取り上げた内容は、基地問題に対する取組で、原子力艦の原子力災害対策、日米地位協定の改定の取り組み、日米の密約についてでした。
答弁は、あまり力の入ったものではなく、国の動向を注視するといった内容が多かったところです。

しかし、横須賀市長と違って、日米地位協定の改定については、これまでも渉外知事会を通じて改定を国に求めており、結構具体的に求めています。
こういう点は認めながら、さらに積極的に取り組むように求めていきたいと思います。

横須賀市長も県知事同様、日米地位協定の改定をちゃんと国に求めてもらいたいと思います。