戦争する国づくりストップを!
横須賀に県政の光を
神奈川県議会議員

井坂しんや

いさか 新哉

活動日誌

建設常任委員会での初質問

2015年5月21日

月議会で議会役職、常任委員会の所属などが決まりました。

私は、建設常任委員会の委員となり、特別委員会では、行政改革・地方分権特別委員となりました。

建設常任委員会は県土整備局を所管することとなります。21日にはさっそく委員会が開催され、神奈川県グランドデザインの実施計画の素案についての論議となりました。

その中で、私は、県有施設の耐震化の促進とリニア中央新幹線の問題点について指摘しました。リニア中央新幹線は、昨年、計画の認可がされましたが、建設時に出る残土処理計画がまだ決まっていないことや中央アルプスにトンネルを作るなどの環境破壊の懸念、今後の需要予測などに人口減少を反映していないなど、多くの問題点が指摘されています。

神奈川県は関連自治体と一緒に建設促進期成同盟を作っており、建設を促進しています。今年度の当初予算では、リニア中央新幹線の駅を作るために必要な相模原市の橋本駅近くの相原高校を移転させるために移転先となる職業能力開発大学校の建物の除却費用として、17億8000万円を計上しているとのことでした。

JRが実施主体であり、税金の持ち出しはないとのことですが、9兆円以上が投入される建設事業で採算性や将来予測をしっかりしなければ、後々国民、県民に大きな負担を残すことにもなりかねません。
今後もしっかりと論議し、建設の問題点を指摘したいと思います。