戦争する国づくりストップを!
横須賀に県政の光を
神奈川県議会議員

井坂しんや

いさか 新哉

政策 活動日誌

今回の県会議員選挙で訴えていること_4/9横須賀中央駅で

2015年4月11日

今、3つのことを私の思いとして訴えています。
(1)市民の願い実現のために市町村を応援する神奈川県へ。
(2)安倍政権がすすめる戦争立法にNOを突きつける県議会を作りたい。
(3)若い世代の働く状況を改善するため神奈川県議会で取り組むこと。

今、安倍政権が戦争する国づくりすすめようとしています。

横須賀には、自衛隊員やその家族が多く住んでいて、不安の声が広がっています。
京都から応援に駆けつけてくれた元自衛官の川村さんは「現職も元自衛官も言いたいことはたくさんあるが、立場上いえない」「今言わなければ、本当に戦争する国になってしまう。私は去年心を変えた。安倍政権を、戦争立法をストップするためには共産党にがんばってもらうしかない」と訴えました。
 戦争する国になるか、憲法9条を大切にする国になるか、岐路に立っています。
私にも子どもが3人います。次の世代に、戦争する国ではなくて、憲法9条を大切にしてその平和の理念を世界に発信できる、そんな日本を手渡したい、それが私の思いです。

 戦争する国づくりストップへ、集まっていただいた皆さんへ支持を訴えました。