戦争する国づくりストップを!
横須賀に県政の光を
神奈川県議会議員

井坂しんや

いさか 新哉

活動日誌

県会議員選挙5日目 2つの演説会

2015年4月7日

今日は昨日の天気とうってかわって冷たい雨の降る一日。朝は北久里浜の駅で宣伝。どうなるかと思いましたが、どしゃ降りにならずよかったです。
雨も選挙にはつきもので、4月は天気の変化が大きいので体調管理が大切です。
今日は、鼻づまりがひどく、鼻声での演説となりました。明日は、なおさなくては。

2015年いっせい地方選挙雨の朝宣伝4月7日

今日は午後2か所で個人演説会。両方ともとても印象に残る演説会でした。

一つは、市議時代に活動地域ではなかった地域での初めての演説会で、半分近くの方が、初めて日本共産党の演説会に参加するという演説会でした。
私の訴えも自己紹介から始まり、市議時代の前に働いていたことや市議時代に力を入れて取り組んできたこと、横須賀市の状況から今回県会議員選挙に立候補した思いなどを話をしました。
私の勝手な感想ですが、話を聞いてくれいた方たちの反応はとてもよかったと思います。なんとなく、初めて聞く話で、「そうなんだ。」と理解を深めてもらったように感じました。
質問では、人口減少や高齢化社会での取り組みなども出され、これまでの議会での質問など、取り上げてきた内容を話をして、非常にかみ合った意見交換になったように感じました。
これは、自分なりの感想なので、参加してくれた方がどう感じてくれたかは、べつですが。

もう一つは、私が生まれ育った場所で、同級生や同級生のお父さんやお母さん、中学・高校のバスケットの先輩や後輩などから、いつも地域の活動で支援いただいている方たちまで。本当に幅広い方が集まってくれ、会場がいっぱいでびっくりするほどでした。
ここでは、街頭で訴えている内容だけでなく、若い世代の学びを保障するための取組みを広げたいなどの話をしました。

どちらも真剣に私の訴えを聞いてくれ、本当に力強く感じると同時に多くのみなさんに支えられていることを改めて実感しました。
これだけのみなさんに力を借りているからには、本当に負けられない選挙。
残り4日間、政策をしっかり訴えて頑張ります。